新着情報

Information

膨大な量のデータ入力・処理を効率化する方法

Share on Facebook
Pocket
Share on LinkedIn

みなさん、こんにちは。
木村です。
業務の中で得た情報をデータ化することには
省資源化や、データの共有による
提案・連携のスピード化などのメリットがあります。
とは言っても、これまで長い間
手書きで管理してきた膨大な量の資料があり、
それらをデータ入力することでデータ化を考えた場合、
時間や労力においてはそれ相応の負担がかかります。
事務作業の負担を減らし、
多くの情報を効率的にデータ化するには、
いくつか方法があります。
・専用システムの導入
・データベース処理高速化ツールの導入
・業務委託による処理代行
これらが主に挙げられます。
アンケートや応募ハガキを活用していれば、
手書きの情報を常時取り扱うことに
不安も感じるはずです。
FAXなどで受注業務を行っている場合も同様でしょう。

 

 

受注書をリアルタイムで受け取る場合に
自動振り分けにするなど、
具体的な効率化が必要であれば
専用システムを常駐稼動させることが
必要かもしれません。
アンケートや応募ハガキなど、
手書き情報の入力やデータ化が
定期的に必要な場合であれば、業務委託により
比較的容易に事務作業などの業務負担を軽減できます。
専用システムやツールなどの導入は
少し敷居が高いとお考えであっても、
データ入力・処理の業務代行なら
利用してみたいという場合もあるでしょう。
ニーズに合わせて、事務作業の
効率化を検討してみてはいかがでしょうか。
データ入力サービスについてはこちら

 

 

 

 

Share on Facebook
Pocket
Share on LinkedIn

タグ: , , , , ,


サービス一覧
たいせつにしますプライバシー

弊社は、個人情報の取扱いの適切さにおいて、財団法人日本情報処理開発協会の認定を得て、プライバシーマークの使用を許諾されております。