新着情報

Information

名刺のデータ化が注目されています

Share on Facebook
Pocket
Share on LinkedIn

木村です。

 

ビジネス上の挨拶として必要不可欠なアイテムといえば名刺。
近年、この名刺をデータ化する傾向が強まっています。

 

スマートフォン向けでは
OCR機能を活用した自動認識アプリなども開発され、
グループウェアなどにも連絡先管理が機能として付随するものが
増加しています。

 

しかしOCR機能は完全に文字を認識してくれるものではなく、
実際のデータ化には手動によるデータ入力作業が欠かせません。

 

データ入力は社内あるいは外部委託によって行われますが、
それでも名刺のデータ化が浸透しつつあるのは
やはりビジネスにおいて大きな利点があるからでしょう。

 

データ化された名刺の情報をオンラインで社内共有すれば
関係する社内の人間がその情報にアクセスすることができます。

 

たとえば営業パーソンがアプローチしたい企業と
つながりのある社員が社内にいるのであれば
名刺情報から情報を知り、紹介してもらうことができるでしょう。
もしくは、社内に接点のある社員がいることで
スムーズにアプローチすることも十分可能になります。

 

また、異動等による引き継ぎでも
大量にある名刺の束を渡す必要はなくなります。
データ内にメモ機能などがあれば、
これまでのやりとり等を残すこともできるので
引き継ぎ作業がスマートに済むでしょう。

 

名刺のデータ化は企業活動において広く活用されております。
データ化された名刺を活用することは
当然、ビジネスチャンスにつながっているのです。

 

Share on Facebook
Pocket
Share on LinkedIn

タグ: , , , , , , , ,


サービス一覧
たいせつにしますプライバシー

弊社は、個人情報の取扱いの適切さにおいて、財団法人日本情報処理開発協会の認定を得て、プライバシーマークの使用を許諾されております。