新着情報

Information

アンケートは紙とWeb、どちらが良い?

Share on Facebook
Pocket
Share on LinkedIn

 

こんにちは、久保です。

 

アンケートを実施するときに

紙とWebのどちらで実施するべきか、

迷ったことはありませんか?

 

例えば、アプリの利用者やECサイトの購入者などを

対象としたアンケートであれば、

Webが適しているのは明らかです。

 

では、セミナーや展示会などでは、

紙とWebのどちらを用いた方が、効果的に

アンケートを実施することができるのでしょうか?

 

今回のブログでは、

紙とWebそれぞれの特徴をまとめ、

アンケートを実施するシーンごとに適した媒体をご紹介します。

 

 

 

◆紙とWebのメリット・デメリット◆

<紙のアンケート>

紙で行うメリットは、回答率が高いということです。

特に高年齢の方はこの形式に慣れているため、

より回答率が高くなります。

 

デメリットとしては、

アンケート用紙の準備に手間がかかること。

また、対象者が多いと印刷コストが膨らむことです。

さらに、回答をデータ化するときには入力などの負担が生じます。

 

<Webのアンケート>

一方、Webでは、

用紙作成~印刷、回収、入力などの手間が省け、

データ化が簡単です。

また、回答者が直接入力をするので、

名前や住所などの大切な情報に入力ミスが発生する

心配が少ないといえます。

 

デメリットは、

ネット環境が整っていないと、回答できないことです。

そのため、回答者はスマホやパソコンユーザーに

偏ってしまいがちです。

また、システムなどの導入に初期コストがかかります。

 

 

 

◆紙とWebのどちらが適しているのか?◆

このように、紙とWebそれぞれにメリットとデメリットがあります。

アンケートを行うシーンによって最適な方法は異なるので、

どちらが適しているのかをみてみましょう。

 

<紙>

●セミナー

会場には机と椅子があるという特性から

紙で回答してもらうことが適しています。

セミナーを聞きながら書く人も少なくありませんが、

回答時間を設けると、より確実に回収できます。

 

●店頭

スーパーやデパート、ドラックストアなどには

高年齢の方も多く訪れるため、紙での実施がおすすめです。

 

<Web>

●展示会

展示会ではたくさんのブースを回るため

時間が限られている来場者がほとんどです。

そのため、その場で紙のアンケートを行っても

回答してもらえる確率は低くなります。

また、展示会には多くの人が集まるので

回収後も集計に時間を要します。

 

しかしながら、「展示会後にWeb上で回答してもらう」方法だと

紙よりも低い回収率となることが想定されます。

 

そこで、ブースにタブレットを備えつけて、

ブース内でWebアンケートを実施することをおすすめします。

タブレットならWebのメリットである「データ化が簡単」なのは

もちろん、紙でのアンケートと同じように、

その場で気軽に回答してもらうことができます。

 

●大型イベント

来場者が数千~数万人というような大型イベント会場での

アンケート回収は、困難な作業です。

また、イベントの余韻に浸っている来場者が

丁寧に回答してくれるとは考えにくいため、

Webでの実施が向いています。

 

 

 

◆まとめ◆

これらのことから

事前に対象者がある程度分かっているときには

紙のアンケートが、

無作為に回答を得たいときには

Webのアンケートが適しているでしょう。

 

また、先述の展示会のように、

シーンに応じて紙と同じ感覚で回答できる

タブレットを活用したWebアンケートの導入も

検討してみてください。

 

 

 

◆アンケート入力・集計はプロにお任せ!◆

今回ご紹介したポイントを踏まえて

 

アンケート結果は、正確なものでなければ

有益なデータとして扱うことはできません。

そのため、回答のしやすさだけでなく、

回収後の作業まで見据える必要があります。

 

「アンケートの数が多すぎて、入力に時間がかかる…」

「他の作業に追われてアンケートの集計ができない…」

そんなときは、ぜひ弊社にお任せください。

 

入力精度99%、顧客満足度90%の品質で、

お客様のニーズに速やかにお応えします。

 

アンケート入力・集計についてはこちら

 

Share on Facebook
Pocket
Share on LinkedIn

タグ: , , ,


サービス一覧
たいせつにしますプライバシー

弊社は、個人情報の取扱いの適切さにおいて、財団法人日本情報処理開発協会の認定を得て、プライバシーマークの使用を許諾されております。