新着情報

Information

‘業務委託’ タグのついている投稿

企業のニーズにコミットする業務委託

こんにちは、久保です。

 
業務効率化のため、書類のデータ化について
検討している企業も多いのではないでしょうか。

 
しかし、自社で行うとなると
業務量が増し負担につながるため、
外部委託を考える場合もあると思います。

 

 

今日は、そういった
業務委託(アウトソーシング)についてお話します。

 
「外注 = コスト削減」と考えがちですが、
業務委託は単なる外注化とは異なる面もあります。

 
単純に「外注」というと
「作業ができる人に、代わりに
業務を行ってもらうだけ」という
意味合いが強くなります。

 
一方、「業務委託(アウトソーシング)」の場合、
単なる効率化のみならず、
「特定の業務のプロに仕事をお任せする」という
意味が加わると考えてよいでしょう。

 
限られたコストの有効活用を考えるなら
安さや業者の知名度だけで選ぶのではなく、
『どんな業務をどれだけのスピードと
クオリティで提供してほしいか』
といったことを明確にした上で、
委託先を選ぶことが大切になります。

 
また、外部に業務を任せるのですから、
情報の取扱いや、やりとりに伴う
安全性なども重視しなければなりません。

 
事故を未然に防げることはもちろん、
万一トラブルがあったとき、
影響が拡大する前に対応できる
善処策を持っていることも重要です。

 
安さや速さにとらわれず、
企業のニーズを事前段階でしっかりと相談でき、
詳細に応じてくれる委託先を検討するとよいでしょう。

 
業務委託、アウトソーシング事業についてはこちら

 

 

 

 

 

 

外部の委託業者を利用するメリットとは

こんにちは、久保です。

 

増えた情報をデータ化する作業は、
外部に業務委託することもできます。

 

では、外部の入力代行サービスを利用すると
どのようなメリットがあるのでしょうか?

 

大きく4つのポイントにまとめてみました。

 

1. クオリティの高いデータに仕上がる
委託業者は、言うなれば事務作業のプロです。
正確さ、見やすさ、管理のしやすさなど、
あらゆる点から見てクオリティの高いデータが手に入ります。

 

2. 整理された情報を早く手に入れられる
紙媒体からの電子化は、慣れていないと時間がかかります。
委託業者に任せれば、スピーディーに情報を得られるでしょう。

 

3. 社員の時間を作ることができ、業務に広がりが出る
データ化のための作業に費やしていた時間が、
データ化された情報を使って仕事をする時間に変わります。
他の業務の作業効率も上がるでしょう。

 

4. 会社の成長にも対応できる
一度データ化してしまえば
追加が出てきた時の管理も楽になります。
委託業者に作ってもらえば
基盤がしっかりしているので、なお安心です。

 

コストのバランスを考えて上手に外部の委託業者を利用できれば、
会社の大幅な利益アップにつながることも十分にあります。

 

委託業者の利用を検討する価値はあると言えるでしょう。

 


サービス一覧
たいせつにしますプライバシー

弊社は、個人情報の取扱いの適切さにおいて、財団法人日本情報処理開発協会の認定を得て、プライバシーマークの使用を許諾されております。