新着情報

Information

‘有効活用’ タグのついている投稿

企業のニーズにコミットする業務委託

こんにちは、久保です。

 
業務効率化のため、書類のデータ化について
検討している企業も多いのではないでしょうか。

 
しかし、自社で行うとなると
業務量が増し負担につながるため、
外部委託を考える場合もあると思います。

 

 

今日は、そういった
業務委託(アウトソーシング)についてお話します。

 
「外注 = コスト削減」と考えがちですが、
業務委託は単なる外注化とは異なる面もあります。

 
単純に「外注」というと
「作業ができる人に、代わりに
業務を行ってもらうだけ」という
意味合いが強くなります。

 
一方、「業務委託(アウトソーシング)」の場合、
単なる効率化のみならず、
「特定の業務のプロに仕事をお任せする」という
意味が加わると考えてよいでしょう。

 
限られたコストの有効活用を考えるなら
安さや業者の知名度だけで選ぶのではなく、
『どんな業務をどれだけのスピードと
クオリティで提供してほしいか』
といったことを明確にした上で、
委託先を選ぶことが大切になります。

 
また、外部に業務を任せるのですから、
情報の取扱いや、やりとりに伴う
安全性なども重視しなければなりません。

 
事故を未然に防げることはもちろん、
万一トラブルがあったとき、
影響が拡大する前に対応できる
善処策を持っていることも重要です。

 
安さや速さにとらわれず、
企業のニーズを事前段階でしっかりと相談でき、
詳細に応じてくれる委託先を検討するとよいでしょう。

 
業務委託、アウトソーシング事業についてはこちら

 

 

 

 

 

 

データ入力を代行することの効果

こんにちは、久保です。

 

これまでデータ入力の代行を活用したことのない人にとって、
その効果はなかなか理解できないかもしれません。

 

しかしデータ入力を代行することによって、
多くの企業がその効果を実感しています。

 

データ入力を社内で行う場合は、当然ながら社内スタッフが
その入力業務にあたっていることでしょう。

 

入力にも時間がかかりますので、
そこには人件費というコストが発生しています。

 

しかしデータ入力は、直接利益に結びつくものではありません。
それならばデータ入力代行を活用することで
社員はより生産性の高い業務に注力できるようになり、
業務改善へと繋がるでしょう。

 

結果的に委託コストが発生したとしても、
収益はむしろ拡大していく可能性が高いのです。

 

また、データ入力代行を行う業者は、いうなればデータ入力のプロです。

 

社員が取り組むより正確に、
かつスピーディーにデータ入力を行えますので、
業務の効率化にも寄与するはずです。

 

さまざまな情報がデータ化される現代において、
データ入力代行の有効活用は大きな意味を持ちます。

 

外部業者を有効活用する

木村です。

 

すべての業務を自社内で賄おうとすればそれに応じた人件費が伴います。

 

新たに人員を採用する場合には、採用コストが膨大となるでしょう。
新規採用せず既存社員のみで対応する際には残業が増えることでストレスが溜まり
社員のメンタルヘルスやモチベーションの面に支障を来しかねません。

 

そのため、一部の業務を外部委託するという方法があります。

 

特にデータ入力などは、代行業者に依頼することでさまざまな効果が期待できます。

 

当然ながら委託費が発生しますが、対応する社員の給与と照らし合わせると
むしろコストを抑える結果となる可能性が少なくありません。

 

代行業者では事前見積りに対応している場合も多いため
外部委託を検討する際にはまず要件をまとめて発注の打診をして
見積りの確認を行うと良いでしょう。

 

外部委託を有効活用するにはその業務を委託すべきか否かを見定めることが重要です。

 

外部委託により短期間でクオリティの高いデータの収集を求める場合や、
社員の負担を軽減することで経営上の効果も発揮します。

 


サービス一覧
たいせつにしますプライバシー

弊社は、個人情報の取扱いの適切さにおいて、財団法人日本情報処理開発協会の認定を得て、プライバシーマークの使用を許諾されております。