新着情報

Information

‘効果’ タグのついている投稿

リスク回避、効率化につながる外注業者選び

こんにちは、久保です。

 

企業にとって必ず必須となる作業、
それは各種データの入力ですが
こんな課題を抱えている企業も多いのではないでしょうか。

 

・入力処理に時間がかかる
・作業にかかる人員がふさがってしまう
・入力ミスが発生している

 

こういった課題を解決できればと、業務効率化の一環として
専門業者への作業外注を検討される企業が非常に多いです。

 

業務効率化を目的としたメリットが多々あります。

 

例えば、
・社内の作業時間、人員確保が軽減される
入力に掛かる作業を外部に依頼することで
その作業分の作業時間と人員の確保が軽減されます。

 

・入力にかかるミスが劇的に減る
外注業者は入力作業のプロフェッショナル集団です。
入力ミス等あってはありません。
ましてや、発注者が費用を出している以上、
完璧な納品物(入力データ)に仕上げなくてはなりません。

 

こういったメリットから、
社内の工数(時間および人員)にスペースが生まれます。
よって、業務の効率化につながることは間違いありません。

 

メリットも多いですが、逆にデメリットもあるということや
リスクもあるということを頭に入れていてください。

 

社内の大事なデータを外部に出すので
業者を選定する際は、信用面やセキュリティ面を重視しましょう。

 

・プライバシーマークを取得している
・プライバシーポリシーを策定している
・実績が豊富、大手企業との取引がある
などの点をチェックすることが重要です。

 

また、納品物の精度の高さも意識します。

・入力精度の高さ
・チェック体制(目視などの検査を経ているか)

業者を選ぶ際にはこれらの点を注意することで
リスク回避につながります。

 

 

データ入力を代行することの効果

こんにちは、久保です。

 

これまでデータ入力の代行を活用したことのない人にとって、
その効果はなかなか理解できないかもしれません。

 

しかしデータ入力を代行することによって、
多くの企業がその効果を実感しています。

 

データ入力を社内で行う場合は、当然ながら社内スタッフが
その入力業務にあたっていることでしょう。

 

入力にも時間がかかりますので、
そこには人件費というコストが発生しています。

 

しかしデータ入力は、直接利益に結びつくものではありません。
それならばデータ入力代行を活用することで
社員はより生産性の高い業務に注力できるようになり、
業務改善へと繋がるでしょう。

 

結果的に委託コストが発生したとしても、
収益はむしろ拡大していく可能性が高いのです。

 

また、データ入力代行を行う業者は、いうなればデータ入力のプロです。

 

社員が取り組むより正確に、
かつスピーディーにデータ入力を行えますので、
業務の効率化にも寄与するはずです。

 

さまざまな情報がデータ化される現代において、
データ入力代行の有効活用は大きな意味を持ちます。

 

外部業者を有効活用する

木村です。

 

すべての業務を自社内で賄おうとすればそれに応じた人件費が伴います。

 

新たに人員を採用する場合には、採用コストが膨大となるでしょう。
新規採用せず既存社員のみで対応する際には残業が増えることでストレスが溜まり
社員のメンタルヘルスやモチベーションの面に支障を来しかねません。

 

そのため、一部の業務を外部委託するという方法があります。

 

特にデータ入力などは、代行業者に依頼することでさまざまな効果が期待できます。

 

当然ながら委託費が発生しますが、対応する社員の給与と照らし合わせると
むしろコストを抑える結果となる可能性が少なくありません。

 

代行業者では事前見積りに対応している場合も多いため
外部委託を検討する際にはまず要件をまとめて発注の打診をして
見積りの確認を行うと良いでしょう。

 

外部委託を有効活用するにはその業務を委託すべきか否かを見定めることが重要です。

 

外部委託により短期間でクオリティの高いデータの収集を求める場合や、
社員の負担を軽減することで経営上の効果も発揮します。

 


サービス一覧
たいせつにしますプライバシー

弊社は、個人情報の取扱いの適切さにおいて、財団法人日本情報処理開発協会の認定を得て、プライバシーマークの使用を許諾されております。