新着情報

Information

‘ビジネスチャンス’ タグのついている投稿

お客様アンケート実施に必要な計画

こんにちは、久保です。

 

自社製品・サービスのウィークポイントの発見や
新たな事業戦略の立案を目的として、
アンケートの実施を計画する企業は多いでしょう。

 

実際に顧客の声を知ることは、
企業にとって大きなメリットがあります。

 

実際にはお客様から直接、製品・サービスについての
意見や感想を聞く機会はなかなか無いでしょう。
そこで、企業はお客様アンケートを実施することが多いです。

 

しかしお客様アンケートは、ただ情報を収集して
眺めているだけでは意味がありません。

 

まずは集めた回答をデータ化します。

 

お客様アンケートは店頭で配布したり、
郵送等で集める紙媒体を使うケースと
WEB上で回答を集めるケースがほとんどと思いますが
どちらにしても、回答を集計する必要があります。

 

紙媒体で回答を集めた場合は
デジタルデータに起こす作業も必要になります。

 

なぜデータ化する必要があるのかというと
集計結果を分析する際に必ず必要になるからです。

 

お客様の声を分析することでこそ、
よりビジネスに利活用できるのです。

 

自社の製品・サービスがお客様のニーズに応えられていないという
結果であれば、今後、収益が収縮してしまうかもしれません。

 

また、お客様の要望を採用することで
さらに収益を拡大する可能性もあります。

 

お客様アンケートを分析することで、リスクの回避や
売上拡大につながることもあります。

 

アンケートの実施計画の際は、
集めた回答をどう活用するかまで
明確に考えて計画を進めましょう。

 

社内データをビジネスチャンスに変える

こんにちは、木村です。

 

現代のビジネスの現場において、
各種データの利活用は
まだまだ浸透していないと実感しています。

 

皆さまの職場ではどうでしょうか?

 

ビジネス現場においては、
日々さまざまな社内データが蓄積されていくものです。

 

申込書や契約書といった各種書類、
社内外で収集したアンケート、
名刺などはもちろんのこと、
営業商談でのメモや会議の議事録なども
貴重な社内データといえるでしょう。

 

しかしそうした社内データも、
利活用せずにただ情報を蓄積するだけでは
意味がありません。

 

それらの情報はデータ入力によって
データを電子化することで、
ビジネスの改善や拡大へと役立ちます。

 

例えば、営業商談のメモをデータ化し
名刺データも一緒にデータ入力して紐付けておけば、
進捗に応じて適切な営業アプローチが行えるでしょう。

 

あるいはそうした履歴や連絡先情報は、
後になって再アプローチする際にも活用できます。

 

ただしデータ入力には時間が必要ですので、
効率的にデータ化したいのであれば
アウトソースするというのもひとつの手段です。

 

データ入力をアウトソースすれば、
入力作業に社内の人員の
貴重なリソースを割く必要がありません。

 

データ入力された情報は
多角的に分析することができ、
ビジネスのヒントを見出す種となる
いわば宝ともいえるものです。

 

現状の改善、あるいは
さらなる飛躍に向けて
データの活用は大きなメリットを与えてくれます。

 

現在のビジネスにチャンスを与えることができる
データの利活用がもっと浸透する日も
そう遠くないと我々は考えております。

 

名刺のデータ化が注目されています

木村です。

 

ビジネス上の挨拶として必要不可欠なアイテムといえば名刺。
近年、この名刺をデータ化する傾向が強まっています。

 

スマートフォン向けでは
OCR機能を活用した自動認識アプリなども開発され、
グループウェアなどにも連絡先管理が機能として付随するものが
増加しています。

 

しかしOCR機能は完全に文字を認識してくれるものではなく、
実際のデータ化には手動によるデータ入力作業が欠かせません。

 

データ入力は社内あるいは外部委託によって行われますが、
それでも名刺のデータ化が浸透しつつあるのは
やはりビジネスにおいて大きな利点があるからでしょう。

 

データ化された名刺の情報をオンラインで社内共有すれば
関係する社内の人間がその情報にアクセスすることができます。

 

たとえば営業パーソンがアプローチしたい企業と
つながりのある社員が社内にいるのであれば
名刺情報から情報を知り、紹介してもらうことができるでしょう。
もしくは、社内に接点のある社員がいることで
スムーズにアプローチすることも十分可能になります。

 

また、異動等による引き継ぎでも
大量にある名刺の束を渡す必要はなくなります。
データ内にメモ機能などがあれば、
これまでのやりとり等を残すこともできるので
引き継ぎ作業がスマートに済むでしょう。

 

名刺のデータ化は企業活動において広く活用されております。
データ化された名刺を活用することは
当然、ビジネスチャンスにつながっているのです。

 


サービス一覧
たいせつにしますプライバシー

弊社は、個人情報の取扱いの適切さにおいて、財団法人日本情報処理開発協会の認定を得て、プライバシーマークの使用を許諾されております。