新着情報

Information

反響を呼ぶために効果的なDMの作り方のコツとは?

Share on Facebook
Pocket
Share on LinkedIn

 

こんにちは、森田です。

 

DM(ダイレクトメール)は、集客や売上アップといった

さまざまなメリットが見込める販促手段です。

しかし、ただ漠然と送付するだけでは、何の効果も得られません。

 

DMで反響を呼ぶには、作り方にコツがあるのです。

 

せっかく時間や手間、費用もかけるのなら、

成功するDMを作りたいですよね。

 

そこで、今回は反響につながる

DMの作り方のコツを3つご紹介いたします。

 

 

◆成功するDMの作り方のコツ◆

<その1 DMを送る顧客を絞り込む>

まず、DMを作る上で大切なのは送付対象を明確にすること。

このターゲッティングがぶれてしまうと、

顧客の心に響くようなDMには仕上がりません。

 

DMの送付対象は、主に下記の3種類に分類できます。

(1)新規顧客…顧客になる可能性はあるが、顕在化していない

(2)見込顧客…すでに顕在化しているが、収益には至っていない

(3)既存顧客…商品やサービスを利用したことがある

 

一体「誰に」DMを送るのかを明確にすれば、

どのような情報を記載すべきか自ずと見えてくるはずです。

 

例えば、新規顧客向けのDMなら

一目で興味を引くような訴求力が必要となり、

既存顧客にDMを送付する場合は

お得意様限定特典のアピールなどが効果的です。

 

DMを作成する際は、デザインからではなく、

送付するターゲットを明確にすることから始めましょう。

 

 

<その2 戦略を綿密に練ってDMを作成する>

送付対象を明確にしたからといって、

やみくもに作成・送付しては何の意味もありません。

 

DMの効果を最大限高めるには、

実施目的を明確にした上で戦略を練る必要があります。

 

つまり、「誰に」送るのかだけでなく、

「何のために」DMを活用するのか考えなければならないのです。

 

また、戦略を練る際は

目標(成功イメージ)も一緒に定めておきましょう

 

なぜDMを送るのか、DMでどのような成果を収めたいのかを

明確にイメージしておけば、

より効果的なDMを作ることができます。

 

さらに、DMで反響を呼ぶには、見た目のデザインはもちろん、

送付方法や発送時期なども考慮すべきです。

 

戦略なくして、決して成功するDMは作成できません。

ちゃんと目的と目標を明確にし、

アプローチ方法も練り上げましょう。

 

 

<その3 DMを作る際は王道が成功の近道>

「ターゲットを明確にする」「目的や目標を定め、戦略を練る」

といった上記のコツは、当たり前のように思われるかもしれません。

 

ただ、DMで成功を収めるには、

“当たり前”を疎かにせず、成し遂げることが重要です。

 

DMの効果を高める方法は多々あり、

売りたい商品や打ち出したいサービス、

対象となるターゲットによって、

反響につなげるためのアプローチは異なります。

 

そのため、すべてに共通する成功要因を導き出すのは難しく、

「絶対に成功するDMの作り方」は存在しないと言えます。

 

しかし、基本的な事柄を疎かにして

失敗に陥ったケースは決して少なくありません。

 

基本に忠実な作り方は、DMで成功するための大きな一歩です。

まずはオーソドックスな方法に則って、DMを作成しましょう。

 

 

◆完成したDMの発送ならお任せください◆

上記でご紹介したコツをもとにDMを作成したら、

次はDMの封入や宛名ラベルの印刷、発送になります。

 

「発送に伴うデータ入力が大量で困っている…」

「少しでもコストを抑えてDMを発送したい…」

「宛名ラベルの印刷や発送をまとめて外部に依頼したい…」

とお悩みなら、ぜひ弊社にお任せください。

 

弊社ではDMの発送だけでなく、データ入力や

宛名ラベルの印刷も一貫して承っております。

 

作業の効率化やコスト削減に貢献いたしますので、

DMを使用した販促をお考えの企業様は、お気軽にご連絡ください。

 

ダイレクトメール(DM)発送サービスの詳細はこちら

Share on Facebook
Pocket
Share on LinkedIn

タグ: , , , ,


サービス一覧
たいせつにしますプライバシー

弊社は、個人情報の取扱いの適切さにおいて、財団法人日本情報処理開発協会の認定を得て、プライバシーマークの使用を許諾されております。