新着情報

Information

アンケート調査やテレアポで役立つ、有用な顧客リストの作り方。

Share on Facebook
Pocket
Share on LinkedIn

こんにちは、森田です。

 

早いもので当ブログも年内更新は残り2回となりました。

今回は、質の高いアンケート調査やテレアポを行うための

顧客リストの作り方をお伝えいたします。

新年早々スタートダッシュが切れるように、

ぜひ良質な顧客リストを作っておきましょう。

 

 

◆アンケート調査の質は顧客リストで決まる◆

アンケート調査やテレアポの質を向上させるためには、

顧客リストの質は無視できない条件です。

どれだけたくさんの人から回答を得られたとしても、

欲しいデータを得られないのでは意味がありません。

 

本当に欲しいデータを入手するためにも、

良質な顧客リストは必要不可欠なのです。

 

 

◆主キーに各種必要データを紐付けましょう◆

有用な顧客リストの第一条件として、

『顧客リストの主キーに、行動データやアンケートの

回答データといった各種必要データが紐付けられている』

ことが挙げられます。

データベースにおいて、

データを一意で識別できる値である『主キー』は、

顧客リストにおける顧客IDや顧客番号が該当します。

この主キーに行動データやアンケートの回答データが

紐付けられていれば、より的確にターゲットを選定できます。

ちなみに、行動データとはWEBサイトにおける

プレビュー数やクリック率といった行動履歴のことを指します。

 

 

◆顧客リストの属性作成も重要です◆

アンケートを行う際に、ターゲットを絞る手段として

有効なのが、『属性による選定』です。

『属性』とは、『名前』や『生年月日』といった、

顧客固有の情報になります。

といっても、『名前』や『生年月日』などは、

どんなリストでも載っているのが一般的です。

重要なのは、それ以外の各種データです。

 

例えば、ECサイト・ショッピングサイトを運営している

会社の場合、顧客リストの中にこれまでの

『購入商品名』『購入商品カテゴリ』『購入日』

『購入金額』『購入数』などの項目があれば、

顧客リストとしてはかなり有用です。

顧客の特徴を把握するためにも、

顧客リストの属性は必ず作成しましょう。

 

 

◆定期的に確認・修正を行いましょう◆

顧客リストにとって、忘れてはならない鉄則は、

『作成後も定期的な確認・修正が必要』ということ。

どれだけ有用な顧客リストでも、

永久的に使えるわけではありません。

 

例えば、新しくアンケートを行ったのであれば、

そこから得られた情報を顧客リストに反映させる

必要があります。

また、こちらからアクションを起こしても

反応のない顧客はリストから削除しておいた方が

賢明です。

常に最新の状態を保ちながら、

確認・修正を行って進化させていくことこそ

本当に有用な顧客リストへの近道です。

 

 

◆顧客リスト作成などの名簿入力はお任せ◆

ここまでご紹介してきた有用な顧客リストの作成方法ですが、

やはり一般のお客様がご自身で行おうとすると、

手間やコストがかかってしまいます。

入力データの確実性も決して万全とはいえないでしょう。

 

弊社では、顧客リストの作成といった名簿のデータ化

を行っておりますので、

「アンケート調査やテレアポの使える顧客リストが欲しい…」

「顧客リスト作成に割けるスタッフがいない…」

とお悩みの際は、ぜひ弊社に名簿入力をご依頼ください。

 

弊社のデータ入力精度は99%以上と極めて高く

名簿のデータを正確に入力できるため、

アンケート調査やテレアポに使用する顧客リストも

質の高いものを作成可能です。

 

名簿入力・顧客リストの作成に関することは、

ぜひ弊社にお任せください。

 

名簿入力・顧客リスト作成についてはこちら

Share on Facebook
Pocket
Share on LinkedIn

タグ: , , , , ,


サービス一覧
たいせつにしますプライバシー

弊社は、個人情報の取扱いの適切さにおいて、財団法人日本情報処理開発協会の認定を得て、プライバシーマークの使用を許諾されております。