新着情報

Information

成果を生み出す戦略的なアンケート調査とは

Share on Facebook
Pocket
Share on LinkedIn

こんにちは、鈴木です。

 

顧客満足度の向上や新商品の販売促進などの名目で、

アンケート調査を実施している企業様は少なくないと思います。

 

しかし、せっかく時間をかけてアンケートを実施したものの…

「もっと違う設問を用意すればよかった!」

「必要な情報を得ることができなかった!」

「無回答のものが多くてニーズを汲み取れない!」

と、失敗に終わった経験はありませんか?

 

アンケートは、なんとなく聞きたいことを並べて

なんとなく調査しても、決して成果にはつながりません。

 

成果を生み出すアンケート調査を行いたいのなら、

「目的」「ゴール」「目標」

の3つを事前に設定しておく必要があります。

 

今回は、成果につながるアンケートの方法をご紹介します。

 

 

 

◆戦略的なアンケート調査に必要なのは?◆

<その1 目的>

「目的」とは、成し遂げようと目指す事柄のこと。

 

つまり、一体何のためにアンケートを実施するのかを

明確にしなければなりません。

 

顧客満足度調査であれば「顧客満足度の向上」が、

新商品の利用者アンケートであれば「新商品の販売促進」が、

アンケートの目的に該当します。

 

なぜアンケートを行うのかという目的をはっきりさせなければ、

質問内容が不明瞭になってしまい、

調査結果でほしい情報が得られないかもしれません。

 

 

<その2 ゴール>

目的を達成するために、

最終的に取り組むべき事柄が「ゴール」です。

 

顧客満足度調査なら

「顧客満足度を向上させるための施策立案と実施」、

新商品の利用者アンケート調査なら

「訴求ポイント・広告・商品の改善」がゴールに該当します。

 

先述したアンケートの目的を明確にしたら、

その達成に向けた最終的かつ具体的な行動を決定しましょう。

 

あらかじめアンケートにおけるゴールを定めておけば、

調査結果の活用方法が把握できるようになるため、

「調査して終わり」という事態は防げるかと思います。

 

 

<その3 目標>

「目標」は、ゴールに到達するために満たすべき要件です。

 

顧客満足度調査に当てはまれば、

「営業や商品の質など、カテゴリー別の問題点の把握」、

新商品の利用者アンケートに当てはめれば、

「購買の要因・認知経路・不満点などの把握」となります。

 

アンケートを通してゴールへと向かう方法を模索すれば、

おのずと目標が見え、最適な質問もわかるようになるはずです。

 

 

 

◆アンケートを有意義に活用しましょう◆

何のためにアンケートを実施して、

どうやって結果を活用するのかが決まっていれば、

きっと有効的な回答の集まるアンケート調査になるでしょう。

 

アンケートで大切なのは、ただ漠然と「聞くだけ」ではなく、

「聞いて何がしたいのか」を定めること。

失敗しないアンケート調査を実施するには、

ゴールを定めた集計方法や振り返りが重要なのです。

 

自社商品の強みや魅力、顧客の購入手段、広告の達成率、

最適な販促方法、利益が上がらない理由など、

様々な情報を知ることのできるアンケート調査は、

ビジネスを展開するうえで欠かせない業務です。

 

「目的」「目標」「ゴール」を明確にした戦略的なアンケートで、

さらなるビジネスの成功を掴んでください。

 

「アンケート調査をするうえでの戦略は、これでばっちり!

でも、そのあとの集計がめんどう…」とお考えであれば、

ぜひ弊社のアンケート入力・集計サービスをご利用ください。

 

弊社のアンケート入力・集計サービスは、

入力精度99%、顧客満足度90%を誇っている、

セキュリティ対策も万全な安心できるサービスです。

 

アンケート入力・集計サービスについてはこちら

 

Share on Facebook
Pocket
Share on LinkedIn

タグ: , , ,


サービス一覧
たいせつにしますプライバシー

弊社は、個人情報の取扱いの適切さにおいて、財団法人日本情報処理開発協会の認定を得て、プライバシーマークの使用を許諾されております。