新着情報

Information

‘データ入力’ タグのついている投稿

初めてご依頼になる方へ!データ入力の依頼の流れをご紹介!

こんにちは、久保です。

 

顧客リストやアンケート結果、名簿、名刺といった紙文書を

データ化するにあたり、コスト削減や業務効率化を図って

データ入力を外部委託しようとお考えの方もいらっしゃるでしょう。

 

中には、「初めてデータ入力をアウトソーシングするから、

どのように依頼すればよいのかわからない…」

戸惑っていらっしゃる方もおられるかもしれません。

 

そういったデータ入力を初めてご依頼になる方のために、

今回は“データ入力の依頼の流れ”をご紹介いたします。

 

すでにデータ入力をご依頼になったことがある方も

ぜひ基本的な流れを振り返っていただき、

スムーズなデータ入力の依頼につなげてください。

 

続きを読む…

データ入力を外注して得られるメリットとは?

こんにちは、森田です。

 

これまで当ブログでは、名刺や名簿、アンケート、

応募ハガキなど、さまざまな紙媒体の

データ化をおすすめしてまいりました。

 

そうした紙文書のデータ化にあたり、

必須となる業務が「データ入力」です。

 

データ入力は単純な作業であることから、

すべて自社で対応しようとお考えの企業様は少なくないでしょう。

 

ただ、一見簡単そうに思えるデータ入力だからこそ、

外部に委託することによって大きなメリットを得られるのです。

 

そこで、今回はデータ入力を自社で行うのではなく、

わざわざ外注することで得られるメリットをご紹介いたします。

続きを読む…

これから依頼される方必見!データ入力代行会社の選び方!

こんにちは、久保です。

 

手間やコストの削減といった業務効率化に加え、入力精度の

高さなどから、多くの企業様が利用しているデータ入力代行

 

IT化の進む情報化社会の日本において、データの入力・管理は

非常に重要な業務となっております。

 

今回のブログでは、これからデータ入力代行を依頼しようと

お考えの皆様に、データ入力代行会社の大まかな特徴と

選び方のコツをご紹介いたします。

 

ぜひ今後ご依頼になる際のご参考までにご覧ください。

続きを読む…

各種データ入力・集計業務のご紹介

こんにちは、森田です。

 

これまで当ブログの中で、データ入力のメリットをご紹介して

まいりましたが、ここで改めまして、弊社が行っているデータ入力

業務のご紹介をさせていただきます。

弊社がお請けするデータ入力業務は、主に以下の5種類です。

 

・アンケート入力・集計

・名簿入力

・名刺入力

・応募ハガキ入力

・テキスト入力

 

どの業務も御社自ら行おうと思うと、手間や時間がかかってしまう

ものばかりです。下記では各種データ入力業務の説明をさせて

いただきます。

続きを読む…

年末の下準備として、顧客リストのデータ化はお早めに!

 

こんにちは、鈴木です。

 

1年も残り約3分の1となり、総務部の皆様は

そろそろ年末の準備に取り掛かる時期ではないでしょうか?

 

冬の賞与や歳末決算、お歳暮、年賀状など、

様々な業務が重なる年末は、早めの下準備が肝心です。

 

社内には「12月に入ってから準備すればいい」と

考えている部署も少なくありませんが、

“気付いたときにはすでに下準備が完了している”

という状況を作り出すことも総務部の重要な役割です。

 

そこで今回は、総務部の方に向けて、

お歳暮や年賀状に関わる業務を進めるにあたり

必須のタスク・留意点をご紹介いたします。

 
続きを読む…

しっかりと回答できるアンケート調査として、 5段階評価はオススメです。

こんにちは、鈴木です。

 

皆様はこれまでアンケート調査を行った際、

「思ったようなデータを得られなかった…」

という経験はありませんか?

 

回答数は問題ないのに、データの質が悪い。

そんな場合、もしかすると“アンケート調査の聞き方”

問題があるかもしれません。

 

弊社では、質の高いデータを入手するアンケート方法として、

5段階評価による設問作成をオススメしております。
 
続きを読む…

企業経営を左右する、顧客管理の重要性

こんにちは、久保です。

 

いきなりですが、御社では顧客管理を有効活用されていますか?

おそらく、多くの企業様で有効活用できていないのが

現状ではないでしょうか。

近年では、ますます企業の顧客管理の重要性が高まっています。

それでは、なぜ顧客管理を有効活用する必要があるのでしょうか。

 

それは、新規顧客の獲得コストが上昇していることに

起因します。

 
続きを読む…

アンケート集計を行う際には、 最適な集計方法の選択が重要です。

こんにちは、森田です。

 

現在、世の中には多種多様なアンケートがあります。

商品やサービスの満足度を計るものから、

考え方や暮らし方の傾向を調べるものまで、

企業や店舗だけでなく、公的機関や自治体も行っています。

しかし、アンケートなどでデータ集計を行う際には、

気をつけなければいけないことがあります。

 

それは、集計の種類を知った上で項目設計を

行う必要があるという点です。

 

今回のブログでは、最適な項目設計を行い、

有益なアンケート集計とするためのコツをご紹介いたします。
続きを読む…

データ化した紙文書は、データベースで管理しましょう

こんにちは、鈴木です。

 

紙文書のデータ化に取り組んだご担当者様の中には、

「データ化で棚はすっきりしたけど、情報が探しづらくなった」

「情報の格納先について、社員から聞かれることが増えた」

などとお悩みの方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

せっかく手間暇をかけてデータ化した情報も、

どこにあるのかわからなければ、活用することはできません。

また、閲覧したいデータの格納先がわかっても、

「データを開いてみないと内容がわからない」という場合、

必要な情報を探し出すために時間がかかってしまいます。

 

こうした問題を解決する方法としてオススメなのが、

データ化した紙文書をデータベースで管理すること。

情報が検索しやすく、管理しやすいデータベースを構築できれば、

情報を探す時間が短縮され、業務効率も飛躍的に高まるでしょう。

 

ここでは、データベースでの管理を始める前に押さえておきたい

「紙文書データ化のポイント」をご紹介いたします。

 
続きを読む…

名簿作成時に大切なのは「わかりやすさ」

こんにちは、鈴木です。

 

御社では取引先や顧客が増減した際、

どのように名簿を作成・更新していますか?

 

「新規の取引先は、リストの最後に記載する」

「もう何年も取引のない顧客を削除して、

空いたスペースに新規顧客を追加する」

などと、特にその順番を気にすることなく、

会社名・顧客名を羅列している企業も多いでしょう。

 

また、「多くの企業がそうだから…」といった理由で、

ホームページやパンフレットなどに載せる取引先一覧を

五十音順で記載しているケースも少なくありません。

 

しかし、ただ羅列したリスト、ただ五十音順に並べたリストでは

御社と取引先・顧客との関係が見えず、

閲覧者にとってわかりづらく感じることがあります。

 

ホームページなどで公表する取引先一覧や、

社内用の顧客名簿などを作成する際は、

その名簿・リストを閲覧する人にとって、

わかりやすいかどうかを考えることが大切です。

 

ここでは、わかりやすい名簿を作成するための

「名簿作成時に留意すべきポイント」をご紹介いたします。

 
続きを読む…


サービス一覧
たいせつにしますプライバシー

弊社は、個人情報の取扱いの適切さにおいて、財団法人日本情報処理開発協会の認定を得て、プライバシーマークの使用を許諾されております。