新着情報

Information

アンケート結果の効率的なまとめ方

Share on Facebook
Pocket
Share on LinkedIn

 

こんにちは、森田です。

 

アンケート調査および集計が終わってからのまとめとして、

多くの場合は、報告書の作成が必要となります。

 

さて、皆さまは「アンケート調査報告書」と聞いて、そこには

どのような情報が載っているとイメージするでしょうか?

 

「集計結果の記録」「グラフ」

「調査結果を利用した分析」など

報告書のイメージは人それぞれかと思います。

それは、データの用途によって異なるからです。

 

事前に報告する形式を明確にしておいたほうが、

アンケート結果はまとめやすくなり、

より目的に準じた報告書を作成できるでしょう。

 

そこで、今回のブログでは、

アンケート結果を効率的にまとめるための、

「調査報告書のまとめ方」についてご紹介いたします。

 

 

◆「目的」から報告書のスタイルをイメージ◆

アンケート調査を行ったのは、「目的」があったからだと思います。

同様に、報告書も目的からイメージすると作りやすいでしょう。

 

アンケート調査報告書の基本は、

「調査結果を忠実に記録し、伝えること」です。

したがって、下記のような目的からまとめられると思います。

 

パターン1:調査の記録>

「どのような調査をして、どのような結果になったのか」

 

アンケート結果を記録したもので、

もっともシンプルなまとめ方です。

 

調査結果を正確に記述することが重要なので、

間違えた受け取られ方をされないよう配慮することが必要です。

この場合、だれが見ても分かるようにまとめることがポイントです。

 

<パターン2:結果の分析>

調査結果のグラフ・表を機軸にして、コメントなどをつけていく、

一般的なアンケート調査結果のまとめ方です。

 

<パターン1>と同じように、コメントは

結果から導かれた客観的な内容であることが望ましいです。

加えて、その結果から導かれる分析をします。

 

ここで重要なのは、

調査のまとめ(コメント)は客観的な内容のみとし、

それに基づく分析のページなどは別に作成すること。

 

グラフ・表とコメントのみで分析をするのが難しければ、

アンケート結果を基にした仮説なども記載します。

 

<パターン3:調査結果+α>

上記の2パターンとは異なり、

アンケートの調査結果から導かれるものに加えて、

他の情報や分析を織り込んでいくまとめ方です。

 

例えば、企業の立ち上げ時などにその事業の需要を

調査したい場合、自社の情報や同業他社の情報などを

加え、アンケート調査の結果と併せて分析するようなケースです。

 

この場合は、アンケート調査結果以外の情報も

一緒に報告書にまとめる必要があります。

 

 

◆作成形式も「目的」から決定◆

次に、作成する手段もイメージしておきましょう。

まずは、以下の2つから決めていきます。

 

・ソフトは文書作成ソフトかプレゼン用ソフトか

・カラーかモノクロか

 

ここで、「アンケートのまとめには表計算ソフトが便利では?」

と考えた人も少なくないでしょう。

表計算ソフトは、文字の調整に労力を要することや、

パソコンの環境による変化が激しいといった理由から

汎用性に優れず、最近ではあまり利用されていません。

 

アンケート調査報告書の作成に向いており、

実際によく利用されているソフトは、Microsoft(R) Word(R)か

Microsoft(R) PowerPoint(R)です。

では、これらのメリット・デメリットをみていきましょう。

 

●Microsoft(R) Word(R)

<メリット>

・文書としてのまとめやすさがダントツ!

・円グラフ、棒グラフ、折れ線グラフなども作れる。

・スムーズに図表番号を追加できるなど、

冊子にする場合にも便利な機能が多い。

・基本ソフトであるため共有しやすい。

 

<デメリット>

・一部のグラフが作成できない。

 

●Microsoft(R) PowerPoint(R)

<メリット>

・グラフを中心にした報告書作成に最適。

・プレゼンなどに使用することも簡単。

 

<デメリット>

・長い文書には適していない。

 

などが挙げられます。

 

次に、カラーかモノクロかですが、

色を使えば分かりやすくなり、単純に見た目が美しいため、

カラーでの作成が人気です。

カラーのデメリットは、印刷する場合に

コストが高くなることぐらいなので、

印刷時のコストメリットを考えた場合のみ、

モノクロが優先的に選ばれているようです。

 

以上のメリット・デメリットをふまえて、

アンケート結果のまとめ方を決めていくとよいでしょう。

 

 

◆まとめ◆

アンケート調査の報告書にもパターンがあるので、

どんなふうに報告するかを明確にして、

それにふさわしいスタイルで作成することが大切です。

業者などに委託する場合でも、同様のことを念頭に置いておくと、

効率があがるのでおすすめです。

 

 

◆アンケートの集計はプロにお任せください◆

<パターン3>としてご紹介した、

「アンケートの調査結果だけではなく、

他の情報を織り込みながら分析を必要とする場合」などは、

自社の強みなどを再度明確にしておく必要があります。

 

何よりアンケート結果は、正確なものでなければ

有用なデータとして扱うことはできません。

たくさんの回答を集めても、

信ぴょう性の低いデータを基にしては

参考にならないからです。

 

つまり、回収業務(サンプルの収集)は

アンケートを実施するにあたり非常に重要な要素なのです。

 

「回答を集計・データ化する時間がない…」

「社内スタッフは別の作業もあり手が足りていない…」

 

このようなお悩みを抱えているご担当者さまは、

ぜひ弊社にご依頼ください。

 

アンケート入力・集計についてはこちら

 

※Microsoft Word、PowerPointは、

米国Microsoft Corp.の登録商標です。

 

Share on Facebook
Pocket
Share on LinkedIn

タグ: , , ,

サービス一覧
たいせつにしますプライバシー

弊社は、個人情報の取扱いの適切さにおいて、財団法人日本情報処理開発協会の認定を得て、プライバシーマークの使用を許諾されております。