新着情報

Information

CO2削減にもつながる、「文書の電子化」。

Share on Facebook
Pocket
Share on LinkedIn

 

こんにちは、森田です。

 

皆様は社内文書をどのように保管されていますか?

まだ紙のままでしょうか、すでに電子化されていますか?

 

「文書の電子化」のメリットは、

・オフィスが片づいて広く使える

・どこでも手軽にデータを閲覧できる

・資料の持ち運びがラク

というのが、トップ3だと思います。

 

上記以外にも用紙代や印刷代を減らせるなどの

メリットが挙げられますが、実は文書の電子化は、

“CO2排出量の削減”にも一役買っています。

 

今回は、文書の電子化と地球温暖化対策の要である

CO2排出量の削減の関係について、ご紹介いたします。

 

 

 

◆文書の電子化によるCO2削減の仕組み◆

私たちは毎日の暮らしの中で、大量のCO2を排出しています。

電気がなければ、普通の生活を営むことはできません。

また、全く紙を使わずに過ごすこともあまりないでしょう。

 

こうしたことからCO2の排出量は増え続け、

地球温暖化は加速の一途にあります。

 

そのため、世界中でCO2の排出量を抑制し、

地球温暖化を食い止めようとする活動が盛んに行われており、

日本でも「地球温暖化対策のための税」が導入されました。

 

地球温暖化の一因であるCO2は、

電力の使用を控えることはもちろん、

紙を使わないようにすることだけでも

排出量の削減に貢献できます。

 

その一つの方法が、「文書の電子化」です。

 

会議のために大量にコピーされる資料、

資料保管のための倉庫の維持、

不要になった資料の破棄と焼却。

このようなCO2の排出につながる行動は、

文書を電子化すれば一切不要になります。

 

昨今では電子文書化の流れを受け、2005年に「e-文書法」が施行。

一部を除く文書は、電子データでの保管も可能となりました。

 

もしも、文書が紙ベースのままなら、

資料をどこかに送る際は、印刷・コピーをして

郵送もしくはFAXしなければなりません。

 

その点、文書を電子化すれば、

資料の送付はメールで添付するだけです。

資料の保管場所にかかるコストや

印刷・輸送コストなどを削減でき、

CO2排出量の抑制にも大きく貢献できるでしょう。

 

 

 

◆文書の電子化で変わる、地球環境◆

一説では、文書の電子化によって社内環境が変われば、

CO2排出量を80%削減できるともいわれています。

 

1本の木からはおよそ1万枚の紙が作られており、

その1万枚の紙を焼却すると、約13.6キロのCO2が排出されます。

 

一方で、1本の木が1年間に吸収できるCO2の量は約11キロ。

 

つまり、無駄に木を伐採しなければ、

CO2の排出を抑えられるだけでなく、

吸収量の増加にもつながるでしょう。

 

日本の紙の生産量と使用量は世界第3位であり、

国民一人あたりの紙の使用量は世界平均の4倍です(2012年)。

 

和紙や年賀状など、日本は紙の文化が根付いている国ですが、

今後は環境に配慮した紙の利用を考えなければならないでしょう。

 

このように文書の電子化は、社内環境だけでなく、

地球環境にも大きく関わっています。

そのため、文書はできるだけ電子化し、

業務効率化を推進するだけでなく、

さらにはCO2排出量の削減にも貢献しましょう!

 

 

 

◆文書のスキャニングは弊社にご依頼を!◆

業務効率化だけでなく、CO2削減にも有効な「文書の電子化」。

とはいえ、「スキャニングは大変だし、情報漏えいが不安…」

と、お考えではありませんか?

 

そのような場合は、スキャニングの外部委託をご検討ください!

 

弊社では、膨大な紙文書をスキャニングし、

スムーズにデジタルデータ化するサービスを提供しています。

 

また、「社員全員が個人情報保護士」であるため、

個人情報が漏えいする心配はありません。

 

万全のセキュリティー体制で文書の電子化を承りますので、

スキャニングをご依頼の際は、どうぞ安心してお任せください。

 

 

スキャニングサービスはこちら

 

Share on Facebook
Pocket
Share on LinkedIn

タグ: , , , , ,

サービス一覧
たいせつにしますプライバシー

弊社は、個人情報の取扱いの適切さにおいて、財団法人日本情報処理開発協会の認定を得て、プライバシーマークの使用を許諾されております。