新着情報

Information

名刺データ化に時間をかけるのはもったいない

Share on Facebook
Pocket
Share on LinkedIn

こんにちは、齋藤です。

 

大量に増えた名刺を管理するおすすめの方法として
昨今ではデータ化が挙げられます。

 

いざ名刺が必要になった時になかなか見つからない、という
苦い経験もした方も多いはずです。
名刺をデータ化すれば、管理や検索が非常に楽になります。
しかし、自社内で名刺を電子データ化するには
手間と時間がかかってしまいます。

 

このようなケースでは、
入力代行サービスを利用することが非常に便利です。
名刺情報のベタ打ちだけではなく、
きれいにビジュアル化してまとめてくれるものまで
総合的に請け負ってくれるサービスもあります。

 

データ化を自分ですべて行えばコストはゼロですが、
作業している間は利益もゼロになります。
そして、社内の他タスクが進まないということも事実です。

 

また、名刺のデータ化にともなう作業には正確性が求められます。
名刺データは、その方とコンタクトを取るために
必要な材料となりますので、名前や連絡先に誤りがあっては
使えるものにはなりません。

 

そういった点も踏まえると単純な入力作業だけでは済みません。
入力後に確認の作業も発生しますし、必要であれば
数名でのダブルチェック体制も整えなければなりません。

 

それだけの人員と時間が
利益にならない作業に費やされるということです。
これは、非常にもったいないことです。

 

しかし、その作業をプロである入力代行サービスに依頼すれば
希望通りのパーフェクトなデータを手元に置くことが可能です。

 

その作業を依頼している間、社内では業務に専念することができ
効率的に時間を使っているといえるでしょう。

 

データ化した名刺がすぐに手に入れば、
すぐに利益を伴う仕事を開始できます。

DMを送ったり、営業・顧客リストの管理をしたり、
名刺の使い方にも広がりが出ることでしょう。

 

さらに、一度作ってしまえば管理も楽にできるのが魅力です。

 

代行サービスで作ったデータを基盤にすれば、
追加や消去、情報更新などの変更もすぐに対応できます。

 

入力代行サービスを上手に利用して、
御社内の時間を有効に使いましょう。

 

 

 

Share on Facebook
Pocket
Share on LinkedIn

タグ: , , , , , , , ,


サービス一覧
たいせつにしますプライバシー

弊社は、個人情報の取扱いの適切さにおいて、財団法人日本情報処理開発協会の認定を得て、プライバシーマークの使用を許諾されております。