新着情報

Information

電子化データを利活用するためには?

Share on Facebook
Pocket
Share on LinkedIn

こんにちは、齋藤です。

 

契約書や申込書、アンケートなどをはじめ

企業では実にさまざまな紙データが存在します。

 

この紙データは、企業にとって貴重な情報といえるでしょう。

 

だからこそそのまま保管するのではなく

電子化することによって

さまざまなメリットが得られることをご存知でしょうか。

 

そもそも、電子化をしたデータを

どのように活用したら良いのかという点で

立ち止まってしまうケースも多いようですが、

初歩的な利活用の例からご紹介します。

 

まず、紙データを電子化すれば

紙を保管するスペースの削減につながるでしょう。

 

さらに、データを社内で共有している

オンラインのサーバなどで管理すれば

社内の誰もがデータへアクセスできるようになります。

 

実際に、電子化した紙データの活用方法は多様です。

 

昨今の具体的な活用事例として、

名刺の電子化が多く挙げられます。

 

電子化された名刺データは

氏名の一部や会社名などのキーワードで

簡単に検索できるため、

名刺を探すという行為の時間が短縮化されます。

 

また、商談履歴などと合わせて管理することで

適切なアプローチによる

収益拡大などにもつなげることが可能です。

 

その他、

手書きで作成した会議の議事録を電子化すれば

会議に参加できなかった人でもその内容を共有できます。

 

周囲に紙データがあれば

まず電子化によって利活用できます。

 

その活用法はさまざまで、

効果もそれぞれに異なります。

 

今のビジネスシーンで

どんな課題を解決したいか

課題点をあぶり出して、解決するための

活用方法を検討してみてください。

 

Share on Facebook
Pocket
Share on LinkedIn

タグ: , , , , ,

サービス一覧
たいせつにしますプライバシー

弊社は、個人情報の取扱いの適切さにおいて、財団法人日本情報処理開発協会の認定を得て、プライバシーマークの使用を許諾されております。